FPVドローンとゴーグルのセットで安い方のやつはどんなのがある?

5.8GHz帯で飛ばすドローンの紹介

ゴーグルをつけて飛ばす、5Ghz帯(5.7Ghz帯~5.8Ghz帯)のドローンを飛ばすには、映像の無線送信器の登録が必要になるため、アマチュア無線技士(4級以上)無線局免許状が必要です。(賞金のあるドローンレースなどに出場して賞金を得たり、ドローンで仕事をするには、アマの範囲を超えるため、第三級陸上特殊無線技士以上の免許が必要)

Emax Tinyhawk II Freestyle

合計:18,431 + 9,615
= 28,046円
ゴーグルはピンキリ。5.8Gでこういうのも↖↑↗
ドローンと違って、そうそう壊れないので、できるだけ
いいものを長く使いたい。
2.4GHzだと電波が届きにくいらしいので5.8GHzがいいみたい

アマチュア無線技士免許の取得方法

アマチュア無線技士免許は、アマチュア(私的研究)の通信業務を行う際に必要な国家資格です。取得するには、

・国家試験の受験
・養成課程講習会(e-ラーニング)の受講

の2つがあります。4級の試験自体は合格率70%以上と決して難しくはなく、独学のほかにもe-ラーニングや講習会に参加し、修了試験に合格することでも資格を取れます。補足として、国家資格のため、身分証明証になるメリットがあります。

アマチュア無線技士の講習会形式の受講は、こちらより申し込みが可能です。受講するだけで、試験なしで資格が取得できます。
ご自宅で受講するe-ラーニング形式の受講は、こちらより申し込みが可能です。この場合、修了試験が別途必要になります。試験会場は、こちらをご覧ください。

Eachine E013 マイクロ FPV レーシング クワッドコプター

Yafonxion-JP 5.8G 40CH FPVカメラミニRCレーシングドローンクワッドコプター

Author: hadmin