「3Dプリンターで活版印刷機をプリントする」という発想が斬新な「Zine Machine」が無料で公開中

【Gigazine】
 現代アートを収録した本や、絶版の希書などが集まるオンラインのアートフェアであるPrinted Matter’s Virtual Art Book Fair(PMVABF)に、3Dプリンターで作った文字や絵のプレートで活版刷りができる「Zine Machine」が出展され、3Dプリンター向けのデータとともにパブリックドメインで公開されています。

zine-machine – PMVABF | Hi-Bred
https://hibred.pmvabf.org/zine-machine

Zine Machineを作るには、最初にGitHubで公開されているZine Machineのデータを利用して、パーツをプリントします。


本体部分を組み立てたら……


文字をプリントしたブロックをはめていきます。


完成しました。


Zine Machineで印刷するには、まず本体のフレーム部分に紙をセットします。


続いて、ローラーにインクを染みこませてから……


よく塗ります。


最後に、本体を閉じてよく押したら……


印刷完了です。


仕上がりはこんな感じ。


Zine Machineでは、文字だけでなく絵を刷るためのカスタムプレートを作成し、印刷に使用することも可能です。


Adobe Illustratorなどの3Dグラフィックを扱うことができるソフトで白い部分を「0mm」、黒い部分を「3mm」の厚さにしたプレートを作れば、版画を刷ることができます。


Zine Machineを発表した出版社のGestalte Designは、Prusa MK3S+という3Dプリンターで…

続きはこちら

About the author